川を渡る橋の上にある駅

 それは、非常に有名な「山陰本線 保津峡駅」です。

DSCN1538.jpg
 「保津峡駅」に降り立ってみました。高所から見ないと分かりづらいですが、本当に橋の上にかかっています。一応、「保津峡」の谷間にかかり、対岸のトンネルに通じていることから想像は容易です。

DSCN1549_2017060419121067f.jpg
 列車もこの通り、ほぼ橋の上に止まります。ホームの長さは10両編成対応の約200m。写真左下の切れ目が、橋梁との境目です。

DSCN1543_20170604191209125.jpg

DSCN1542.jpg
 ホームを「京都」方面に歩いていきます。バラスト軌道のあたりは、高低差が低くなっています。

DSCN1545.jpg
 「保津峡駅」に停まる列車は、ほぼ普通列車。速達列車は通過します。

DSCN1552_2017060419121474a.jpg
 橋梁との境目は、このように切れ目がはっきりわかります。

DSCN1537_20170604191250d42.jpg

DSCN1536.jpg
 橋の下から眺めるとこうなります。普通の橋梁と比べてホームがある分重厚です。

DSCN1540.jpg
 ホームの上からは、「保津峡」の絶景がよく見えます。

DSCN1539.jpg
 そして、頻繁に急流下りの舟を見られます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2017年06月06日 06:18:18

なにわ筋線どう思う?

- 太郎 - 2017年06月19日 21:36:23


 今までにないルートでロマンの面では興味深いです。「東西線」とかの下を通るので、めちゃくちゃ大深度になりそうですが。あと、「東京」のJRダイヤみたいにカオスになる気がします。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム