かつて計画されていた新幹線ルート その4 長野~富山 追記:妄想平面図と断面図

現在建設されている北陸新幹線の長野~金沢の間ですが、あと6年で開通予定です。ルートは長野から飯山と上越南部をとおり日本海側に抜けてから北陸本線と若干離れて並行しつつ、富山へ向かいます。地図で見ればかなり大回りをしていますが、かつては長野から真西に向かい、白馬を横切り立山連峰を貫いて直接富山平野に出るルートが考案されていました。

北陸新幹線
 こちらが長野~富山の間のルート図です。緑色の線が実際に建設されているルート、赤色の線がかつて候補に上がっていた理想のルートです。詳しい試料が無かったため、適当にひきました。こんな感じだと思っておいてください。

 こんな計画もあったのですが、お察しの通り、立山連峰は3000m級の山々がそびえる大山脈で、断層破砕帯、火山帯でもあり地質が非常に悪いです。←日本ってこういう場所ばっか、だから工事が予定より遅れるんです
 そこを貫くにはあまりにも手間がかかり且難工事が予想されること、飯山、上越地域の自治体の誘致運動も合い極まり、現在のルートになりました。もし、立山連峰を貫くルートで建設されれば、路線距離が現在のルートより約60kmも短縮され、勾配も緩やか?になり高速運転が可能なため東京~富山の間を2時間以内で(1時間40~50分くらい?)走破できたかもしれません(現在のルートでは2時間10分)。

追記:妄想平面図と断面図

 製作中の動画のために、この「立山トンネル」の平面図と断面図(完全に推定妄想)を造りました。

「立山トンネル」の推定スペック
全長:約70㎞
現在世界一の「青函トンネル」は53.85㎞、
世界一になる「ゴッタルドベーストンネル」は57.09㎞

土被り:約2000m
現在日本一の「大清水トンネル」は約1300m、
世界一になる「ゴッタルドベーストンネル」は約2300m

「高熱隧道」の場所を通る可能性(岩盤温度が最高166℃になった地熱地帯)



平面図

立山トンネル平面図
 外側線が黄色になっている部分が「立山トンネル」です。線路標高は、当時(今から30~40年前)10km以上連続するなら望ましいとされた最急勾配の12‰として考え、100mごとに色分けしています。「長野」~「富山」間の距離から、推定最高標高は650mです(ずっと12‰勾配を連続させてた場合)。

断面図
立山トンネル断面図12‰のみ - コピー
 こちらは断面図です。ウォッちずから「立山トンネル」沿線の地形をめちゃくちゃ大まかに再現しました。「立山トンネル」が構想されていた頃提唱された12‰ルートと、現在の新幹線なら可能である30‰ルートで造ってみました。
 12‰ルートでは、谷地形である「白馬」(標高700m以上)ですらギリギリ地上に出られず、「長野盆地」~「富山平野」の間、約70㎞が全てトンネルになります。
 30‰ルートでは、「白馬」や「黒部峡谷」などで地上に出るため、トンネルの長さは長くても20km台となります。まるで「リニア中央新幹線」の「赤石山脈」越えのような展開です。ただし、雪や落石対策でトンネル間はシェルターで覆われて実質ほとんどがトンネルになるでしょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2008年05月19日 22:13:00

北陸新幹線できたら航空機が1時間で羽田に着くから時間差が1時間か。

東京駅まで出るんなら、着陸してからの時間や羽田→東京駅間の時間を考えると新幹線の方が利便性がいいなぁ。

- 太郎 - 2008年05月22日 23:53:18

ヒバリさん>
 特に富山県の新幹線建設要望、熱意は尋常ではなかったようです。
 北陸新幹線ですが、勾配がきつく、速度制限区間が多いことがネックとなり、折角造るんだったらもっとスピードをだせる形にしたかった、というのが現状のようです。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム