採用試験 9 その2 面接試験でのやりとり

 次の日は面接試験を受けてきました。そこで、自分の出身学科が会社にどのように活かされるのか聞かれました。しかしまあ、業務内容が工学系に近く、自分が理学部出身であるため「他の会社の方が向いているんじゃないの?」的なことを言われて僕の方も理学部で培ったことを会社の業務にも活かせることを自分なりに述べていきました。自分の言語できちんと伝達できたのか?それとも評価されたのかは会社との相性もあるので何とも言えませんが、それなりには言ってきちゃいました。なんか、面接官側の方も新鮮な内容だったらしく、一体結果はどうなるんだろうか?と気になる状態であります。まあ、こういう面接ではわざと相手が困るようなことを言って受験者を試す可能性もあるので、後は相手がどう受け止めてくれるかですな。ちなみに、以前受けた同じ業種の会社は募集学科不問の方針で人材募集を行うため、面接でも出身学科のことに対しては深く突っ込まなかったです。同じ業種でも会社によって方針が様々なのですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム