採用試験 13 その7 柔軟な接続措置

 その後、しばらく上野近辺をぶらぶらして富山へ戻りました。しかし、新幹線車両の故障により、乗ろうともくろんでいた15:58発の「MAXたにがわ」が運休になりました。そのため、16:18発の「MAXとき」に乗りました。この便は、越後湯沢で特急はくたかと最も効率よく接続するもので、イコール自由席争奪戦の激しい便でもあります。そのため、いつもそれより1本前の「MAXたにがわ」を利用しています。

 また、運休した車両のフォローをするため、16:18発の{MAXとき」は越後湯沢まで各駅停車をすることになりました。これで越後湯沢までの所要時間は従来より約15分延びます。「はくたか」への乗り換え時間は8~9分です。間に合いません。しかし、「はくたか」の方が乗り換え客のために出発時間を5分遅らせ、新幹線の方も回復運転で数分時間を詰めたので、無事に乗り換えられました。

 一昨日長野へ行く際も富山出発のはくたかが前の区間の踏切事故で8分遅れましたが、直江津で接続する長野行の列車は「はくたか」からの乗り換え客を待つために出発を遅らせてくれました。

 地方ではダイヤ面でこういう融通が結構効くものです。また、2つの列車の接続の両方、もしくは片方に特急列車が関わっていると、乗り換えられるような配慮があります。その一方で、普通列車同士の接続では意図的に接続をさせないひどい例がいくつかあります。たとえば、富山から福井方面に普通列車だけで行こうとするとき、多区の場合は1本の列車で直接行けません。金沢あたりで別の普通列車に乗り換えます。その際、最初に乗った列車が金沢などの接続駅に着く2~3分前に福井方面へ向かう普通列車が出発してしまいます。普通列車の利用を不便にして、乗客を特急列車に乗せようとするために行っているものと思われます。何か、この面でも普通列車と特急列車の待遇の違いが出ているんじゃないですかねえ。普通列車で融通の利いた接続をしてくれるのは、最終電車が出発する時くらいか?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年06月08日 19:56:30

はくたかに乗る客ってほとんどが越後湯沢から乗る客だから、新幹線が到着する前に発車すると、ほとんど乗る人がいないから待ってるんだと思ってた。

- 太郎 - 2009年06月10日 09:24:42

>ヒバリさん
 実際そうなんだよなあ。それに、田舎でダイヤに余裕があるから、そういう配慮をする余裕があるんだよ。平常時は、待っているというよりも、うまく接続させているんだよなあ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム