1県1駅が確定しそうです

リニア新幹線「1県1駅」正式表明 JR東海、大阪延伸に意欲6月9日7時59分配信 産経新聞

 JR東海の松本正之社長は8日、都内で開かれたリニア中央新幹線建設促進国会議員連盟の総会で、平成37年に東京-名古屋間で開業を目指すリニア新幹線について、沿線の神奈川、山梨、長野、岐阜4県の「1県に1駅ずつ設置するのが適切だ」と話した。「1県1駅」という方針を正式表明したのは初めて。

 松本社長は理由を「リニアの超高速という特性と、地域振興を調和させるため」と説明した。ただ、駅の建設費については「受益という観点から地元(自治体)に負担してもらいたい」と強調、JR東海側に一定の負担を求めている各県との調整が難航する可能性もある。

 想定されている3ルートについては、総延長や工事費など「(ルート決定の)判断要素になるデータがまとまりつつある」とし、早期に提示する方針を示した。長野県は南アルプスを迂回(うかい)するルートを主張しているが、JR東海としては低コストの南アルプスを貫通する「直線ルート」に理解を求める方針。また、リニア新幹線は「首都圏と近畿圏が結ばれて最も大きな意義がある」とも述べ、大阪延伸にも意欲を示した。

 JR東海は当初、リニア新幹線の営業最高速度500キロという特性を生かすため、沿線4県に駅を置かない方針だった。しかし、自民党内には4県選出議員を中心に「1県1駅」の要望が強く、昨年12月、同社の葛西敬之会長が記者会見で「常識的だ」と述べ、「1県1駅」に理解を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000127-san-bus_all

 乗物は、速度が高いものほど停車間隔(駅間距離)を長くするのが望ましいものです。何故なら、連続して高速運転をすることができ、列車の停車パターンも単純になりダイヤを組みやすいからです。かつて、JR東海は途中の停車駅を「横浜」、「名古屋」、「京都付近」にする予定でした。それが合理的には理想であったのです。1県に1駅設置は沿線住民にとってはいいものですが?、それがリニアの運転では妥協ラインかもしれないです。今後、駅設置の負担費を巡る調整と、諏訪回りの要望をなんとか直線ルートに説得していく問題などがまだまだ残っています。新幹線の駅設置には50~100億円かかるのですが、リニアはいくらかかる事やら。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

芸能・経済情報ダイジェスト!today's-news - 2009年06月17日 15:02

リニア中央新幹線 cルート

記事には、「JR東海は建設費用の全額地元負担を求めており、全額JR負担を求め.... 記事には、「JR東海は建設費用の全額地元負担を求めており、全額JR負担を求める県との隔たりは大きい。」とあります。「東京-名古屋をわずか40分で結ぶ予定のリニア中央新幹線...

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム