「【図説】 日本の鉄道 東海道ライン」という本があります

 今年の3月から「【図説】 日本の鉄道 東海道ライン」という本のシリーズが1ヵ月毎に発売されています。この本は、関東~関西地方の全ての鉄道路線の配線図を一括にまとめている、少しでも鉄道が気になる人にとっては面白くてたまらない本であります。編著者は、鉄道評論家として有名な「川島令三」です(←「全国鉄道事情大研究シリーズ」をはじめとする、多数の鉄道関連の本を執筆する方です)。

東海道ライン
 こちらが本の見本図(宣伝として多少編集してあります)です(http://shop.kodansha.jp/bc/books/tokaido/haisenzu.html)。紹介サイトはこちらです→http://shop.kodansha.jp/bc/books/tokaido/

 上図は東京駅とその周辺を通る、鉄道路線の配線図をまとめたものです。本シリーズでは、新幹線、JR在来線、地下鉄、引き込み線、他路線同士の連絡線、貨物専用路線、モノレール、ケーブルカーなどのすべての鉄道路線が1つの図として示されています。たとえば、地下鉄同士の重なり(どちらが深いのか?)なども忠実に表わされています。図中に載っている駅も後の方で各特徴や歴史、豆知識などがマニアチックに書かれています。他にも鉄道にまつわる面白い話などもたくさん載っています。定価は1巻あたり933円です。

 このシリーズは全12巻にわたり関東~関西地方の鉄道路線を網羅します。6月20日の段階で東京以南~名古屋以南(1~4巻)、大阪・神戸(7巻)が発売されています。もし鉄道の配線が少しでも気になる人、特に自分が利用する路線がこのシリーズで紹介されるチャンスに恵まれている人は、是非読んでみてください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年06月21日 01:03:58

大阪編のは買ってこようかな。

- 太郎 - 2009年06月22日 08:13:31

>ヒバリさん
 やはり自分の利用している、なじみのある鉄道が載っていると面白いよ。大阪の鉄道は、今後も6巻の米原~大阪編と10巻の奈良・東大阪編で載りそうだよ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム