かつて石狩川は、信濃川に匹敵する日本一長い河川の1つであった

 小学校の社会の授業ではみなさん、こんなことを習ったと思います。

日本の河川の長さ
1位:信濃川 367km
2位:利根川 322km
3位:石狩川 268km


 北海道を流れる石狩川は、現在日本で3番目に長い川であります。しかし、かつての石狩川は、信濃川に匹敵する日本で一番長い川の1つであったのです。

石狩川
 上図は、石狩川の一部を示す地図です。左側の図を見てください。三日月湖が多発しています。小中学校の理科でやりました?が、三日月湖はかつて蛇行した川が切り離されてできた湖です。つまり、石狩川はかつて、三日月湖のあるところまで蛇行していたのです。また、都道府県や市町村区などの境は河川になぞって引かれることが多いです。地図を見ると、現在の河川からすこしずれて、三日月湖に沿って市町村の境が引かれているところがあります。これらの境の奇妙な蛇行も、かつての石狩川の蛇行を伝えているようです。この地図以外の場所でもこれらの特徴がみられますよ。

 右側の地図は、左側の地図の石狩川のかつての流路を三日月湖や市町村の境をもとになぞったものです。石狩川を一つの流路として一筆書きにするとこんな感じになります(←網状河川や同じ地点における2つ以上の三日月湖の形成、という考えは無視する)。

 石狩川は、明治時代まではこのような凄まじい蛇行河川でした。明治27年(1894年)時の総延長は約364kmと、信濃川に匹敵しました(←明治以前の詳しい改修工事や測量の記録に乏しく、その時代までの正確な長さは、km単位まではわかっていない、信濃川もそうである)。しかし、これだけグネグネしては、洪水が頻繁に発生し、水田づくりの妨げになります。そこで明治から昭和にかけて大規模な改修工事を行い、上川盆地(旭川市のあるところ)~河口までの川の総延長が約100km短くなり、現在の長さになりました。これらの改修工事で洪水は少なくなり、開拓も進みました。

 しかし、まれに大規模な洪水が発生するようになりました(洪水の頻度は大幅に下がっているけど、起きるときは大規模に起きる)。原因は、河川の総延長が短くなった分、河川の容積(水を保有できる体積量)が下がったことにあるらしく、それが石狩川の水の流量(川の断面積×流速)に対応できないために起こるそうです。まるで、河川の長さの最上位組の地位から引きずりおろされたことへの憂さ晴らしであるかのようです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム