近頃5月病になりかけている「太郎」

 最近のけだるさを思うがままに語ります。 

 言うまでもなく、就職活動は学業を圧迫して学校側としては面白くない代物であります。以前書いたように学生と学校の思惑に対立が生じています。そうはいっても、特に長期遠征する者にとっては就活こそが“学業の一貫”、すなわちフィールでワークであります。まあ、うちの学科の研究で行うフィールドワークと違うのは、説明会や試験という“現場”に赴く以外も学業に手を出さないことでしょう。実家を経由しているときは実家において半ニートな気分で応募書類作成やナビサーフィンを行い、富山に戻っても就活が始まる前よりも学校以外で休んでいる時期が明らかに長くなり、たとえ学校へ行ってもこれまた研究に手を着けずに応募書類作成やナビサーフィン三昧。唯一手をつける学業といったら、この時期では就活を妨げるものとしか感じられないゼミの発表とその準備でしょう。

 今年は不況だから、学生の方も例年と比べて学校に対して強気で就活をやれているのではないか?と思っておりますが、何気に就活自体も学校から脱出するための口実に使われている気がしますわい(特に実家に帰ったり観光しているとき)。その辺が疾しいですな。まあ、そうでもしなけりゃやってられんし、そこまで学校側に言う必然性もないからいいですけどね。

 そして6月に入り、そろそろ就活を終えられそうなこの時期、はっきりいってだりぃです。たとえ就活を終えられたとしても、間髪入れずに去年のような研究生活に戻れるのかどうかがびみょーに怪しいです。何故このままヨーロッパみたいにフリー期間を経て、そのまま入社がないんでしょうね、この国は。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年06月18日 22:47:42

来年の5月に5月病にならないように(ブログの記事に書いてある言葉が出ないように)、どこの内定を受けるかを悩みなさい。

- 太郎 - 2009年06月19日 00:47:50

>ヒバリさん
 ほんっとに難しいわな。自分が言うのにはおこがましいスケールで例えれば、サッカーの日本代表選手選出においてキングカズとゴン中山のどちらを起用するか?というくらい、どちらも正解といえる悩ましい決断になりそうだ。悩む割には案外決めるときは吟味した上でのノリも含めた決断になりそうだ。時間の取れる、もう少し、あと少し、考えたい~。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム