夢の超特急の1番列車(上り)は、山手線の列車に抜かされました

 夢の超特急である東海道新幹線が開業した初日の、しかも1番列車で起こった伝説です。

 当時の昭和39年(1964年)10月1日の午前6:00に、東京、新大阪の両駅から下り列車と上り列車が、記念すべき1番列車として出発しました。当時、新大阪駅を出発した上り列車(ひかり2号)の運転士は、張り切りすぎて速度制限のゆるい直線区間をフルスピード(210km/h)で運転しました。乗客が速度計を見に集まって、思わず張り切ってしまったそうです。しかし現在と違い、当時はダイヤに相当な余裕が設けられていました。スピードを出しすぎた結果、列車は新横浜駅を定刻より5分も早く通過しました。しかし、終点の東京駅には定刻につかなくてはなりません。やむをえず新横浜~東京の間で徐行運転を行い、並行する山手線の列車に抜かされたのです(品川~東京の間)。

 実際は新横浜~東京の間はきついカーブが連続するため、大半の区間は110km/hで運転されます。とはいっても、山手線の速度はそれより遅いです(現在でも90~95km/hが最高)。よほど徐行したのでしょう。

 また、当時は200km/h運転を満足に行えば東京~新大阪の間は3時間10分で結べましたが、開業後の1年間は路盤を安定させるために、4時間と設定されました。初めての高速列車営業運転のリスクも考えたのか、遅延した時に備えて余裕時間もたっぷり取ってあります。つまり、張り切った運転をし続けると早く着きすぎてしまいやすい環境でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム