多くの在来線の特急列車の最高速度が130kmk/hになっている理由

 新幹線の最高速度は今や300km/hを超える時代でありますが、一部を除いて日本の在来線の特急列車の最高速度は130km/hです。より速くすることは大いに可能ですが、法律の壁があります。

それは、

ほかの交通機関、路線と平面交差する区間では、鉄道車両は600m以内の距離で停車できる速度で走らなければいけない

です。

 簡単にいえば、踏切のある路線では上述の法律に触れます。上述の法律の後半の意味ですが、車も鉄道車両も船も飛行機も自転車も人も、高い速度で動くほどブレーキをかけ始めてから停まるまでに時間がかかり、停まるまでに走る距離(自動車学校で習った“制動距離”です)が長くなります。法律で示されている、600m以内の距離で非常ブレーキにより安全に停車できる最高の速度がおおよそ130km/hなのです。600mとは、一般的に人間が前方の障害物を視認できる限界距離です。つまり130km/hは、踏切のある路線で列車が安全に停車できる最高速度であるのです。

 ブレーキ技術の進化で140~150km/hからでも600m以内に停車することは可能ですが、130km/hより10~20km/h上げたくらいでは大幅な所要時間短縮は望めません。回復運転に効果がある程度です。絶大な短縮には、思い切って160km/h以上にするのがいいです。しかし、この速度で連続して運転を行うには、速度を制限される急カーブを緩くする、立体交差化で踏切をなくす、などの大胆な改良工事が必要なため、実現し辛いのが現実です。

 一部の特急列車は青函トンネル内で140km/h、ほくほく線で160km/h運転をしていますが、もともと踏切がなく、その速度で走れる線形で作られていたためこの速度での運転が可能だったのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム