新幹線が200km/h以上の速度で走れる理由

 前回の記事でも書きましたが、日本の法律には「ほかの交通機関、路線と平面交差する区間では、鉄道車両は600m以内の距離で停車できる速度で走らなければいけない」というものがあります。このため、在来線を走る大半の特急列車の最高速度が130km/hに抑えられています。では何故新幹線は200~300km/hで悠々と走っているのでしょうか?そこには逆転の発想があります。
それは

600m以内で停まる必要のない環境を作る

です。

 即ち踏切を一切なくし、他の路線や交通機関との交差は全て立体にしたのです。これで上述の法律には触れません。勿論、他にも200km/h運転を行うための条件はあります。在来線よりもカーブを緩くする、線路の歪みを極限まで正す、勾配を緩やかにする、線路の継ぎ目の隙間を埋める、自動ブレーキを(ATC)完備する…などです。しかし、いくら立体交差にしても線路の上に何かの障害物が落ちる可能性はあり、視認してもその手前で停まりきれません。そこで、車両の最前線に防護版(スカートといいます)を付け、障害物自身を“弾き飛ばす”という措置が取られました。こうして200km/h運転を行う環境が整えられたのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム