「のぞみ」の行く末

のぞみ、リニア開業後に廃止=葛西JR東海会長が内情講演
8月5日19時0分配信 時事通信

 JR東海の葛西敬之会長は5日、都内で開かれた内外情勢調査会の講演で、東京-名古屋間で「リニア中央新幹線」が営業開始した後は、「(東海道新幹線は)『ひかり』と『こだま』の列車体系に戻る」と述べ、「のぞみ」は廃止する見通しであることを明らかにした。
 同社は、2025年に東京-名古屋間でリニアの営業運転開始を目指しているほか、大阪までの延伸も計画している。
 「のぞみ」は現在、東海道・山陽両路線で運行。葛西会長は東海道で廃止した際には「豊橋、浜松、静岡、三島、小田原といった『のぞみ』が停車していない駅で、『ひかり』の停車本数が増える」と指摘。これらの駅から東京や大阪などへのアクセスの利便性が、大きく向上すると強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000122-jij-bus_all

 確かに考えてみればありえた事態でした。現在、「のぞみ」と「ひかり」を分ける要素は停車駅の数です(「のぞみ」登場時は最高速度)。「のぞみ」は、百万都市の駅のみに停車する、のが現在の特徴です。リニアが開通すれば、開通した区間と並行する東海道新幹線の区間において、東海道新幹線で百万都市間を移動していた人はほとんどがリニアに移ります。つまり、東海道新幹線にダイヤの余裕ができ、リニアの通らない静岡や岐阜、滋賀県などの中間都市の駅にも速達列車が停まるダイヤになります。そうなると、速達列車をわざわざ「のぞみ」と「ひかり」の2種に分ける必然性が薄まります。そこで、「のぞみ」が登場する以前の「ひかり」と「こだま」の2種の列車による活躍が再開されるのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年08月25日 23:58:41

はたしてすんなり2025年にできるのかなぁ。
あと16年か。年齢が40くらいになってるときの事とか想像できないや。

- 太郎 - 2009年09月12日 14:19:04

>ヒバリさん
 まだまだ当分先のことだしね。それまでにいろいろ変わっていそうだしなあ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム