運休の一因

JR最大規模の運休…風速の規制強化が一因
10月8日21時56分配信 読売新聞

 台風18号の影響で、首都圏のほぼ全線がストップしたJR東日本では、影響人員が過去最大規模の計約296万人に上った。

 JR東日本によると、同社は乗客5人が死亡した2005年の山形県内の羽越線の脱線・転覆事故以降、運転を見合わせる風速の規制値をそれまでの秒速30メートルから25メートルに引き下げた。風速計も事故発生時は228基だったのを、今年3月までに674基に増やしており、このうち首都圏には約180基が設置されている。こうした安全対策が、今回の台風で各線の運休が増えた一因となったとみられる。

 一方、東北・山形・秋田新幹線や上越・長野新幹線も一時運転を見合わせ、38本が運休、72本が遅れて約7万人に影響が出た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00001106-yom-soci

 296万人とは…凄い影響です。首都圏では午前中、特に通勤時間にほぼすべてのJR線が停まり、風による規制を受けにくい地下鉄などに乗客が集まって入場規制を出した駅もあったそうです。これじゃあ、予定されていた内定者交流会が延期になったのも納得納得…。観測された風速を上回る瞬間の突風も起きることがあり、4年前にあの事故が起きました。風に警戒するようになった分、通常の運転をこういう時にし辛くなったというジレンマであります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年10月24日 02:27:39

大阪は影響が全くありませんでした。
東京だったら堂々と遅刻できたのに。

- 太郎 - 2009年10月25日 22:00:45

>ヒバリさん
 台風の中心が大阪よりも東を通った効果と見た。名古屋から東が悲惨だったらしい。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム