四条烏丸交差点の2つの地下駅

 京と市街地を東西に走る「四条通」と南北に走る「烏丸通」の交わる、「四条烏丸交差点」があります。その直下に東西に走る「阪急京都線」の「烏丸駅」と、南北に走る「京都市営地下鉄烏丸線」の「四条駅」があり、事実上1つの乗り換え駅となっています。

四条通と烏丸通
 こちらがその場所の様子です。「阪急京都線」は「四条通」の下を走り交差点直下には「烏丸駅」となっており、「京都市営地下鉄烏丸線」は「烏丸通」の下を走り交差点直下には「四条駅」となっています。つまり、それぞれの路線が相対的に直角に交わる通りの名前をそれぞれ駅名として使用しているのです。自分に並行する通りより、直角に交わる通り名の方が利用者にわかりやすいからこうしたのだろうか?どうなんだろう?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年10月24日 02:24:07

自分はどっちも四条烏丸って言ってました。
駅名も
阪急四条烏丸
地下鉄四条烏丸
って区別して言ってました。


自分は四条から
大阪に帰るときは阪急
京都に帰るときは地下鉄→近鉄京都
妹の家に行くときは京阪

を使いますね。

- 太郎 - 2009年10月25日 22:03:35

>ヒバリさん
 大都市圏は、色々な鉄道利用の仕方があって面白いね。どちらも、「四条烏丸」でいいんじゃない、もはや、と思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム