鉄道のカーブにおける制限速度について

 もしかしたら誤解されているかもしれないことなので、説明します。

 鉄道の、カーブ区間における制限速度とは、大体が制限以上にあげたら即脱線するものではなく、乗り心地の基準値を上回ってしまう速度のことを表します。

 たとえば、東海道新幹線のカーブの半径は基本的に最小で2500mですが、その場合の制限速度は現在255km/hとされています(N700系は車体傾斜装置が付いて乗り心地が緩和されるため、270km/h)。この場合、計算上脱線の危険がある速度は380km/h以上と、まだまだ余裕は確保されています。とはいっても、脱線する条件は他にもあり(横風とか)、それを考えると“余裕”は大切ですね。

 よく考えれば、脱線するか否かのぎりぎりの状態まで速度を上げる営業運転を行うはずがありませんからね。だから、ゲームの「電車でGO!」で通過制限速度を超えても脱線せずに減点で済み(←それもよくないが)、「名探偵コナン・時計仕掛けの摩天楼」で制限速度が45km/hや60km/hに見えるようなポイントの曲線部を電車が時速70km/hで通過しても脱線しなかったのです。う~ん、納得納得。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム