何故日本の鉄道は常に運行時間が正確なのか?

 日本は、列車が1分遅れれば遅延となり、10分遅れようものならニュースになるという、多くのほかの国では信じられないくらいダイヤが正確な国です。国内全体の鉄道がこんなに時間に正確な国は、恐らく日本とスイスのみです。では、何故日本はこうなっているのか?主な理由が以下の2つです。

土地が少ない
 社会の授業で習ったことですが、日本は国土が狭いため、物を造る土地が足りません。鉄道にもそれが当てはまり、線路や駅のプラットホームの設置数がどうしても限られます。限られた設備で列車をさばかなければならないので、ダイヤを正確にせざるおえません。1か所で狂いが生じれば、全路線にそれが伝搬することもしばしばです。
 逆にヨーロッパなどの土地が豊富な国は多くの線路やプラットホームを設置できるため、列車さばきに余裕があります。そのため、多少の遅れも問題にならないのです。

利用者がめちゃくちゃ多い
 日本の鉄道利用人口は圧倒的です。世界の鉄道利用人口のうち3~4割は日本人であるという話も。利用者が多いと、それだけ多くの列車を過密ダイヤで運行する必要があります。高速鉄道で比較すれば、日本の新幹線は片道5分に1本運転されますが、ヨーロッパでは20~30分に1本です。日本は、ダイヤを正確に保たなければいけない環境に恵まれすぎているのです。

 この2つの原因が合わさって、時間に正確な鉄道の文化ができていったのです。そして、人々の生活も、鉄道を時計代わりにするようになりました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年10月25日 01:42:06

利用者が誰に強制されるでもなく

きちんと2列に並ぶ

のも、電車の運行をスムーズにしている原因のひとつかな。

- 太郎 - 2009年10月25日 22:07:30

>ヒバリさん
 ご明察ですな。利用者が比較的列車の運転に協力的な姿勢がいつの間にやら構築されたけど、そういうのも大いにシンクロしているよ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム