新幹線の駅間距離が一番長いのは

 新幹線は高速運転をするため、通常の鉄道より駅間距離が長く、その距離はおおよそ30~40 kmです。現在、新幹線の駅間距離が一番長い区間は、東海道新幹線の「米原」~「京都」間の68.1 kmで、富山~金沢間の距離よりも大きいです。東海道新幹線開業時は今よりも駅が少なく、「熱海」~「静岡」間の72.0 kmや「静岡」~「浜松」間の71.5 kmの区間も存在しましたが、後にこれらの間に新駅が造られたため、現在では「米原」~「京都」間が最長です。この記録も「南びわ湖」の開業で無くなる予定でしたが、その事業が凍結されたため当分残りそうです。ちなみに、2位は山陽新幹線の「小倉」~「博多」間の55.9 km、3位は同じく山陽新幹線の「相生」~「岡山」間の55.0 kmです。

 ところで、近いうちに現在の記録が破られそうです。現在建設中の北海道新幹線には、「奥津軽(仮称)」~「木古内(仮称)」間の76.8 kmにわたり駅が無い区間が存在します。途中に青函トンネル(長さ53.85 km)があるため、これだけ長いのです。北海道新幹線は、全体的に駅間距離が長い路線です。順調に平成27年度に開業すれば、これが一番長い駅間距離になります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 小寺 - 2015年12月07日 15:09:16

時刻表の距離だと相生ー岡山なんですが

Re: タイトルなし - 太郎 - 2015年12月19日 21:46:06

>小寺さん
 実は、時刻表に表記されている距離は在来線と同じ距離なので、実際の新幹線の路線距離と違いますよ。なので、実際の「山陽新幹線」の路線距離で一番短いのは「新尾道」~「三原」間です。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム