9年後に、青函トンネルよりも長いトンネルができます

 本州と北海道を結ぶ青函トンネルは、長さが53850mと、公共交通のトンネルとしては世界で一番長いトンネルであります。昭和63年に開通して以来現在までの21年間、世界一の座にありました。しかし、近いうちに、青函トンネルよりも長いトンネルが完成します。それは、スイスのアルプスを貫く「ゴッタルドベーストンネル」で、全長は57091mにおよびます(単線トンネルが2本掘られ、もう片方の全長は56978m)。完成は平成30年(2018年)の予定です。高速鉄道と重量貨物列車の通行を可能にする目的で造られ、完成すれば輸送効率が大幅に上がることが期待されます。詳しくはWikipediaなどでどうぞ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB)。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- むねりん - 2010年04月22日 21:26:32

青函トンネルより長いゴッタルドベーストンネルを竣工時に間近で見てみたいですね!!!

- 太郎 - 2010年04月24日 04:55:05

>むねりんさん
確かにみてみたいなあ流石、よくわかってらしゃるね僕としては、青函トンネルとどう違うのか?と、土かぶりの規模が気になりまする

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム