330 km/hでの試験走行

新幹線、330キロで走行=N700系、各国にPR-JR東海
11月16日14時8分配信 時事通信

 JR東海は16日深夜、各国の大使館員らを乗せ、東海道・山陽新幹線の営業車両としては過去最高の時速330キロでの走行試験を米原-京都間で行う。
 政府が日本の新幹線の海外への「売り込み」を図る中、同社が持つ新幹線技術をPRするのが狙い。最新式のN700系を使用し、約68キロを18分間で走り抜ける。330キロに達するのは、出発約7分後から2分間程度で、滋賀県近江八幡市付近を走行中となる見通し。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000066-jij-pol

 計算すると、平均速度は227 km/hです。しかも、「京都」と「米原」に停まってです。確か、現在の鉄道営業最高速度は320 km/hだったので、営業車両としては走行試験とはいえ世界一をアピールできそう(しそう)です。330 km/hでの通過姿を動画で撮る人、いますかなあ?うpされたら、ぜひ見たいです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム