「加賀温泉」の真実

 北陸本線には、「しらさぎ」、「雷鳥」、「サンダーバード」などが特急列車の停車する、「加賀温泉」という駅があります。将来は、北陸新幹線の新駅ができる可能性があるかもしれない予定です。「加賀温泉」は、北陸地方や北陸本線の利用者にとって有名な駅ですが、過去にはこの周辺で壮絶な停車駅争奪戦が行われ、それにもろ巻き込まれました。

加賀温泉
 こちらは、「加賀温泉」とその周辺の地図です。赤円で囲っているのが温泉です。よくみたら、「加賀温泉」自体は温泉街からも市街地からも離れています。

 かつての「加賀温泉」は「大聖寺」と「動橋」の中間に位置する駅で、「作見」という名前でした。開業後の最初の1年は信号所として機能し、当時は普通列車しか停まらないローカル駅でした。当時は、この駅の両側の「大聖寺」と「動橋」のどちらに特急列車を停めるかで、地元の温泉街や観光団体が揉めました。当時は特急列車の停車駅を極力絞るご時世で、両駅間のような短い区間のを隔てた両駅ともに停める考えがなかったのです。当初は特急列車を半分ずつ両駅に振り分けて停車させていました。しかし、特急の増発のたびに揉め事が繰り返されたため、当時の国鉄はちょうど中間にある「作見」を「加賀温泉」に改名して、特急列車を集約しました。昭和45年(1970年)10月1日の出来事でした。そうして「加賀温泉」は、周辺の温泉地域への玄関口になり、駅と温泉地域はバスで結ばれるようになりました。

 ちなみに、駅名を見る感じでは最寄りに“加賀温泉”があると考えそうですが、実際に“加賀温泉”は存在しません。温泉街は、上の地図で示している場所にあります。

 ところで、「加賀温泉」(旧:「作見」)に特急が集約して新たな黒歴史ができました。「大聖寺」と「動橋」を特急が素通りするようになり、両駅の利用者が激減しました。そして、当時「大聖寺」と「動橋」に接続をし、加賀市内や温泉街を結んでいた「北越鉄道加南線」が大打撃を被り、「加賀温泉」に特急列車が集約した翌年に全線廃止となりました。加賀市は廃止に猛反対をしていましたが、当時の情勢と重なり廃止が強行されました。

 地域の活性化のために特急列車の停車駅争奪戦が繰り広げられたこの地域ですが、その結果地元の鉄道が廃止になるという皮肉な状況になってしまったのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム