急行「能登」と寝台特急「北陸」が…

往年の碓氷峠越え「能登」引退へ

 丸い鼻の形をしたボンネット型の先頭車両が愛らしい。「489系」だけで編成する夜行急行「能登」(金沢―上野)。かつて屈指の難所として知られた旧信越線の碓氷(うすい)峠を上り下りした。長野新幹線開通で碓氷峠を挟む横川(群馬県)―軽井沢(長野県)間が廃線となり、1997年からは上越線経由に変更。峠越えはなくなったが、来年3月、JR西日本のダイヤ改正で定期列車から姿を消す。

 両駅間には、旧国鉄で最も急な66・7パーミル(1000メートルで66・7メートルの高低差)の勾配(こうばい)があった。その対策のための電車として開発されたのが489系だ。峠越えで補機の電気機関車を連結し、機関車側からノッチやブレーキを操作する協調運転を行っていた。

 運転台には今でも協調運転への切り替えに使う“横軽(横川―軽井沢)スイッチ”が残っている。

 JR西によると、1両を女性専用のレディースカーとするなど乗客増を図ってきたが、高速バスに太刀打ちできなかった。

 能登と同区間を走るブルートレインの寝台特急「北陸」も定期列車からなくなる見通しで、北陸と首都圏を結ぶ夜行列車は役割を終える。


 次週は、ちょっと珍しい車両を紹介します。

(2009年12月04日 読売新聞)

http://osaka.yomiuri.co.jp/teppan/tr91204a.htm

 嘘だ!!!
 と叫びたい心境ですが、本当だそうです。記事によると定期運転を終了するので、今後も混雑期に運転がされるかもしれませんが、また一つ寝台列車が姿を消すことになりました。特に急行「能登」は、帰省や就活などでおおいに利用したのでそれが失われるのが残念でなりません。確かに空席が多かったですからね。それでも、「きたぐに」と違って空席があるから2席以上を使って体を伸ばして寝ることができ、格安の夜行バスよりは疲れが取れやすかったのですが…。記事では夜行バスに太刀打ちできなくなったと書いてあるものの、連休や年末年始などには大いに利用されるものです。「北陸」も、数少ない貴重なブルートレインです。乗ったことはありませんが、バスと比べて寝台があるので大いに重宝されるべき列車です。なので、混雑期だけでも運転してほしいと願っています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2009年12月08日 11:23:40

どっちも乗ったことないなぁ。

普通に東京行くときは飛行機か はくたか+新幹線のブルジョア旅行でしたから。

急行は新潟行くときに『きたぐに』しか乗ったこと無いや。

- 太郎 - 2009年12月09日 23:10:37

>ヒバリさん
 「きたぐに」は、まだ利用者が多そうだから当分は大丈夫かもね。ただ混んでいて席を2つ以上占拠できないけど…。最近は、夜行列車で雑魚寝するよりも、前日に特急で東京入りしてそこで泊まる方へ味を占めました。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム