少し遅くなった「のぞみ」 その2 「山陽新幹線の場合」

 「のぞみ」は、「東海道新幹線」内だけでなく「山陽新幹線」内でも全盛期より遅くなっています。こちらはダイヤ上の制約でなく、停車駅の増加とダイヤのゆとり化による要素が強いです。


「新大阪」~「博多」間における所要時間の推移

平成5年(1993年)3月18日:「300系」「のぞみ」が「山陽新幹線」でも運転開始
2時間32分(最高速度:270km/h)

平成9年(1997年)3月22日:「500系」「のぞみ」運転開始。
2時間17分(最高速度:300km/h)
この便の「新大阪」~「博多」間の所要時間、平均速度、表定速度は15年経った今でも破られていない

平成11年(1999年):3月13日「700系」「のぞみ」運転開始。「500系」「のぞみ」が最速状態を維持
2時間25分(現在は2時間28分、最高速度:285km/h)

平成15年(2003年):10月1日 500系「のぞみ」を含めた全列車が新神戸駅に停車することになり所要時間が4分延びた
2時間21分(最高速度:300km/h)

平成18年(2006年)3月18日:JR福知山線脱線事故が発生。
この影響で「山陽新幹線」でもダイヤにゆとりを持たせ、所要時間が2分延びた。
2時間23分(最高速度:300km/h)

平成19年(2007年)7月1日:「N700系」が運転を開始。最高速度は、「500系」と同じ300km/h
2時間23分


 また、「山陽新幹線」を走る「のぞみ」の多くは、減便した「ひかり」の代わりとして停車駅が増やされました。従って、停車駅数が昔と同じ最速タイプの「のぞみ」の数は少ないです。

 ちなみに、「500系」「のぞみ」で320km/h運転を行い「新大阪」~「博多」間の所要時間を2時間10分ほどにする構想もありましたが、色々な問題で実現しませんでした。「500系」が全盛期だったころこそ、「山陽新幹線」が最もスピードに乗っていたときでもあったのです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2012年12月07日 02:29:16

のぞみのWiki見てきたけども、最初から東京-博多間で運行されていたわけじゃなかったのね。
そういやぁ、自分が高校生のころはまだ(のぞみ)って全席指定席だったっけ。
(のぞみ)のほうが早いけど節約のために(ひかり)に乗る。とかやってたのを思い出します。

- 太郎 - 2012年12月17日 00:00:37

>ヒバリさん
 考えてみれば、「東海道新幹線」→「山陽新幹線」の順番で車両やら列車設定がまわることが多いよね。「のぞみ」も大衆化してきて、時代の流れを感じますな。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム