富山の路面電車の理想

 富山経済同友会(平成13年)が、富山の交通の将来について記述していました。題名は、「21世紀、北陸新幹線と地域交通ネットワークの展望-」 新日本海時代の魅力ある拠点を目指して -(こちら→http://www.doyukai.org/02teigen/pdf/003.pdf#search='路面電車 延伸 呉羽 富山')です。

 以下の黒文字がその記述の一部です。

③ 路面電車の交通ネットワーク
・官民連携のもと、富山市内路面電車の延伸・拡充に取り組む。具体的には、西は現在終点の富山大学前から呉羽まで延伸し、東は丸の内-荒町-新庄まで線路を新設、南は現在終点の南富山から富山空港まで延伸する。さらに、北は富山駅北に延伸してJR在来線と乗り入れる。これらの延伸により、新幹線や航空路と有機的に連携した交通ネットワークとしての利用価値を大幅に高めることができる。
・万葉線を年間約70万人の利用者がある海王丸パークへ延伸させることにより、観光路線としての活用も図る。
・路線バスを降りると、すぐ横の路面電車に乗り換えることができるとか、路面電車と路線バスとの共通乗車券を発行するなど、公共交通の利便性を高める工夫を官民一体となって取り組む。



富山の路面電車の理想
 上図は、上述の記述を図化したものです。延伸部分を青色で示しています。富山の中心から東西南北へ均等に延びていますね。富山空港への路線は一部、旧笹津線の配線跡にそっています。他にも国道359号線を通ってから空港へ南下するルートも考えられます(ただし、359号線に線路を通せるのかどうか?)。現在の道路交通事情からは厳しいルートもありますが、JRや空港などのほかの交通機関の拠点を結べるようにするのが今の理想です。富山駅の北に線路を延ばしてJR在来線に乗り入れる構想は、富山駅の高架化によりライトレール(当時はJR富山港線)と接続することで実現されます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2009年12月30日 05:10:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- 太郎 - 2009年12月30日 21:41:10

>ヒバリさん
 それは道路の状況を改善する必要があるから、現状では難しそうだよ。もしかしたら、40年前にその区間が廃止された原因かも。
 富山都心線(セントラム)が開業した時に、少なくともIC関連の手続きができるように放ったらしい。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム