静岡県と「のぞみ号」

 Wikipediaの「のぞみ」の記事(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%BF_(%E5%88%97%E8%BB%8A))に、「のぞみ」と静岡県の関係について記載されていました。その記事をここに載せます。

1992年の運行開始から現在まで、災害などの非常時を除いて「のぞみ」は静岡県内の駅には一切停車していない。

静岡県側はこれに不快感を示しており、同県知事の石川嘉延(当時)は2002年12月9日の同県議会・本会議で
「県内素通りの『のぞみ号』に対して通過料を取る」と発言した。

 この発言を受けて2002年12月27日に同県交通政策室の幹部が「臨時列車を除いた東海道新幹線の停車本数は静岡駅で101本、浜松駅で81本であり、東北新幹線は宇都宮駅で106本、郡山駅で94本、山陽新幹線は岡山駅で229本、広島駅で199本、姫路駅で127本であり、人口60万人(2002年当時)の浜松市なのに、34万人の郡山市より本数が少ない」と発言したのに対し、JR東海は「東海道・東北・山陽の各新幹線は列車1本の乗車人員が違うし、路線の性格も異なる。それらの事情をまったく無視した乱暴な議論だ」と反論した。

 2001年10月のダイヤ改正では、東京-新大阪間の「ひかり」を1時間に1本「のぞみ」へ格上げしたのに伴い、繁忙期に運転されていた東京-新大阪・博多間の臨時「ひかり」が静岡駅に停車し、当該「のぞみ」を退避することになった。2003年10月のダイヤ改正では、三島・浜松駅の「ひかり」の停車本数は増えたものの、静岡駅の定期列車の停車本数は現状維持のままで、繁忙期に運転されていた前述の臨時「ひかり」は「のぞみ」への格上げで再び静岡駅を通過することとなり、2001年9月以前の水準に戻った。

 また同改正では山陽新幹線に直通する「ひかり」を「のぞみ」へ格上げしたため、山陽新幹線沿線の姫路市(姫路駅)・福山市(福山駅)・周南市(徳山駅)・山口市(新山口駅)にも一部の「のぞみ」が停車するようになった。ただし、従来の東京 - 博多間「ひかり」全廃による救済措置であることや、東海道・山陽の各路線の性格上、状況が違う部分もあるので単純に比較できない。

 その後も静岡県は「ひかり」の増停車や早朝便の増発、初電の繰り上げ・終電の繰り下げを要望しているものの、JR東海は「現状では厳しい」と否定的な見解を示している。

 一方で2003年10月のダイヤ改正では、従来運転されていた東京発名古屋行き最終の「のぞみ73号」(途中ノンストップ、平日のみ運転)を品川・浜松・豊橋の各駅に停車する「ひかり293号(当時・現在の533号)」(毎日運転)に格下げすることで、浜松・豊橋駅への最終列車繰り下げも兼ねた措置を行った。さらに2008年3月のダイヤ改正では「ひかり433号(当時・現在の533号)」を新横浜駅・静岡駅にも停車させることとしたほか、朝6時台に静岡駅に停車し、N700系車両を使用することで東海道区間を日中の「のぞみ」と同等のスピードで走破する広島行きの早朝「ひかり」(393号)を新設、途中駅での「ひかり」・「こだま」と「のぞみ」の乗り継ぎ時間を短縮するなど、輸送改善の動きが見られる。

 なおJR東海社長の松本正之は2008年1月23日の共同通信社のインタビューに対し、『将来的には中央リニア新幹線開業後、現在の「のぞみ」に相当する列車をほぼ全てリニア列車に移行し、東海道新幹線は「ひかり」主体のダイヤにする』と答えている。

 静岡県は愛知県に次いでJR東海の管轄の主要地域ではありますが、関東~名古屋~関西を結ぶことでJR東海の収入の85%を占める東海道新幹線は、大都市圏の輸送を優先しています。その輸送に運転を集中させているため、静岡県内の駅に山陽新幹線のように地方の駅に「のぞみ」を停める余裕がないのです。一応少しでも改善するにはしているようです。思えば朝と夜に「ひかり」の停車が微増したきが。まあ、それ自体も車両の回送などの関係で限度がありますが。やはり、リニアの開通でやっと静岡県に主役が回ってくる状況ですね。

 実際、混雑期を除けば本数を倍増させなければいけないほど静岡県内の駅に停車する「ひかり」が混んでいるわけでもない印象があります。輸送量を補うには今より微増させるくらいがいいのでしょう。本当は静岡県内の駅に停車する「ひかり」は16両編成を1時間に1本にするより8両編成を1時間に2本にした方が静岡県にとっては都合がいいかもしれません。ただ、ダイヤが飽和状態で16両編成の車両のみを走らせることを絶対条件としている東海道新幹線では、これは実現しないでしょう。8両編成でも静岡では通用するかもしれませんが、大都市間の輸送には16両編成でないと通用しないのでしょう。やはりリニアの開通をはじめとする何らかのきっかけでダイヤ編成の方針が大きく変わる必要があるのです。

 ちなみに、「エアーマンが倒せない」の替え歌で静岡県内の駅に「のぞみ」が停まらない現状を静岡県人のエゴを主体として、作ってあります。こちらからどうぞ(→http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-834.html)。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年06月18日 06:07:39

静岡はほぼ素通りですね。

そういやぁ岡山駅は新幹線の発着が新大阪並みに多いな。
四国との連絡も兼ねてるからだろうか。

- 太郎 - 2010年06月20日 19:05:27

>ヒバリさん
 「東海道新幹線」は大都市を優先しているからな(それだけで十分儲かる?)。その通りで、「岡山」四国や山陰との連絡にも重要な場所だから止める価値があるよ(「静岡」と対照的)。

静岡駅の毎時2本「ひかり」停車に関して - 祀乃師 - 2013年05月22日 18:55:16

太郎さん

古い記事にコメントしますよ。

静岡駅は少なくても毎時2本「ひかり」停車する必要があると思います。
一時期(2001年頃)は毎時2本「ひかり」停車していましたし、ぶっちゃけ、東海道・山陽新幹線は大体5駅ごとに全列車停車している点、他の政令指定都市は全列車停車している点を考慮して、全列車停車であっても決して可笑しくありません。
同様に浜松駅にも毎時2本「ひかり」停車する必要があると思います。

> 実際、混雑期を除けば本数を倍増させなければいけないほど静岡県内の駅に停車する「ひかり」が混んでいるわけでもない印象があります。
「ひかり」は空いていても、後続「のぞみ」は混雑していますよね。
これは「ひかり」を有効列車にしないから、後続「のぞみ」に集中してしまっています。
岐阜羽島・米原停車「ひかり」はともかく、静岡・浜松停車「ひかり」ぐらいならば、東京⇔新大阪間を逃げ切れるはずです。

自作ダイヤ改正案(JR東海道新幹線)
http://infland.publog.jp/archives/27412834.html

> 本当は静岡県内の駅に停車する「ひかり」は16両編成を1時間に1本にするより8両編成を1時間に2本にした方が静岡県にとっては都合がいいかもしれません。
8両編成「ひかり」を運行する余裕があるぐらいならば、「ひかり」に「のぞみ」の機能を付与する方が、よほどJR東海的な考え方と思います。

なお、静岡を通過する方の「ひかり」に関しては、あまり存在意義がありません。
岐阜羽島・米原停車「ひかり」に関しては、「こだま」を全て新大阪まで延長すれば不要ですし、小田原停車「ひかり」・豊橋停車「ひかり」に関しては、「ひかり」自体が著しく利便性を落としている(著しく有効列車を減らしている)要因になっています。

- 太郎 - 2013年05月26日 22:39:45

>祀乃師さん
 面白いご提案をありがとうございます。ぶっちゃけそこまで詳しく考えずに記事にしていたので、大変勉強になりました。私も「静岡県」に住んでいる身ですので、せめて1時間に2本(30分毎)に速達列車が停まれば利便性が上がるとは思ってしまいます。祀乃師さんの提案ダイヤに似たものを最近、「全国鉄道事情大研究」(東海編)に載っていましたが、超過密ダイヤを扱う「東海道新幹線」は、停車パターンを今のわかりやすいのに統一して大都会を優先させる姿勢を崩さないのが、中間都市の立場としては残念ですね。

- shinoshi - 2014年03月14日 00:07:03

太郎様
漢字が読めない人が多いため「shinoshi」と記載します。

新しいブログ
http://rayearthocean.blog.jp/
に移転しました。

東海道新幹線のダイヤ改正案を新しくしたため、遊びに来て下さい。
http://rayearthocean.blog.jp/archives/1000555006.html

以上です。

- 太郎 - 2014年03月29日 23:45:10

>shinoshiさん
 お知らせありがとうございます。この改正案みたいに、「静岡」に30分おきに待避なしの「ひかり」タイプが停まってくれたら格段に便利になりますね。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム