アマゾン川が世界一長い川になる可能性

 世界で一番長い川は「ナイル川」(6695km)、2番はアマゾン川(6516km)という順番は小学校の社会の授業で教わった、とても有名なことです。しかし、最近の研究では「アマゾン川」が「ナイル川」より長い可能性がでてきました。今から2~3年前の研究から、「アマゾン川」の総延長が6800~6992kmになるとの主張が出ています。「アマゾン川」は世界一の流域面積を誇り、流路が非常に曲がりくねって複雑です。未知の源流が発見されたり複雑な流路の計測が進歩するにしたがい、このような可能性が生まれてきています。

 せっかくなので、「アマゾン川」の大きさを挙げます。「アマゾン川」の流域面積は705万平方キロメートルと、オーストラリア大陸の面積に匹敵します(日本は38万平方キロメートル)。「アマゾン川」全体の平均流量(1秒に流れる水の体積)は日本の「利根川先生」の850倍に上り、世界最大の面積を誇り日本の領土面積に匹敵するカスピ海にその水が流れ込んだら、1年で水位が20m上がります。川の勾配も非常に緩やかで、河口から1600km遡っても海抜は32m、3800km遡っても80mにしかなりません。世界が違います。これだけ緩やかな川だから、源流~河口の実距離と直線距離の比は、限りなくπ:1に近いのだろうか?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年01月18日 01:20:42

馬鹿でか過ぎて実感わきませんね。

日本の川の勾配と比べるのもあれだけど、日本のほうは本当に滝のようです。

- 太郎の部屋 - 2010年01月18日 21:53:14

>ヒバリさん
 社会の教科書のあの図は大げさではなかったね。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム