プリンセス・ジュリアナ国際空港

 世界にはこんな光景のみられる空港があります。



 これは、カリブ海のセント・マーティン島にあるプリンセス・ジュリアナ国際空港です。ここは、海岸の20~30m上を旅客機が離着陸で通過する名所です。この空港は地理条件から海岸のすぐ近くに設置され、同じ理由から滑走路の長さが2349mしかありません(ジャンボ旅客機の離着陸には2500mが必要)。そのため、特に大型旅客機ほど滑走路の端すれすれで離着陸する必要があり、結果低空飛行がなされるのです。大型なものほど低空飛行するため、より迫力が感じられるでしょう。動画を見た感じでは、旅客機が真上を通過してから5秒ほどで滑走路に降り立っているようです。航空機の着陸時の速度は約250km/hなので、撮影地点と着陸地点の距離は約350mしかないようです。

 富山空港がこんなんだったら、確実に送電線や北陸自動車道にぶつかりますね。ちなみに、富山空港の滑走路の北端と北陸自動車道の橋の距離は、約750mです。それでもずいぶん低いところを飛んでいるように見えるので、プリンセス・ジュリアナ国際空港はとんでもないですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム