新幹線の駅はほかの鉄道路線と乗り換えられるようにした方が有利である

 これは、新幹線が直接通らない地域と新幹線の駅の間に他の鉄道路線が通っている場合に直接駅で乗り換えできるのが便利だからです。つまり、新幹線は他の鉄道路線と合わせて沿線だけでなく周囲の物流にも貢献しているのです。結果、他の鉄道路線と直接接続する駅の利用者が、完全に独立して乗り換え路線のない駅と比べて利用者が多いです(むろん沿線人口の違いによって利用者数は変わるので一概には言えないが、その条件を交えても傾向としてはあらわれている)。

 たとえば、「東海道新幹線」の「米原」は北陸本線との直接接続するため北陸地方にもある程度貢献しています。「上越新幹線」の「新潟」も、羽越方面への乗り換えに役立っています。川の主流と支流をうまくつなげていると言えるでしょう。

 一方、最近できた「上越新幹線」の「本庄早稲田」は駅前に無料駐車場を作って車との接続を充実させることで利便性の向上を試みていますが、思った以上に利用者は激増せず、やはり鉄道と直接接続した方が便利なようです。心理的に考えても鉄道から他の交通機関に乗り換えるよりも同じ鉄道に乗り換えた方が楽だというのもあるかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム