「はやて」の大半が全車指定席になっている理由

 「東北新幹線」の「はやて」は、主に「東京」~「盛岡」や「八戸」を結ぶ長距離速達列車です。そして、「はやて」の大半は全車が指定席になっています(「東京」~「仙台」間や「仙台」~「盛岡」・「八戸」間を結ぶのは例外)。全車を指定席にする最大の目的は、乗客の一部を「やまびこ」へ誘い出すことであります。

 そうなっている理由を述べます。まず最初に現在の「はやて」と「やまびこ」の特徴を挙げます。

「はやて」
大半は「東京」~「盛岡」・「八戸」間を走破 → 長距離輸送主体
停車駅の数が比較的少ない → 所要時間が短い(平均速度が高い)


「やまびこ」
大半は「東京」~「仙台」間を走破 → 中距離輸送主体
停車駅の数が比較的多い → 所要時間が長い(平均速度が低い)


 次に、需要について一言。

利用者の数:「東京」~「仙台」>「仙台」~「盛岡」・「八戸」

 各列車の特徴と区間ごとの利用度から、本来なら「はやて」が「東京」~「盛岡」・「八戸」間の利用者「やまびこ」が「東京」~「仙台」間の利用者専用の列車です。しかし、人間は少しでも早く短時間で目的地に着くことを望むもので、結果「東京」~「仙台」間の途中駅下車、もしくは短距離移動であっても速達性の高い「はやて」の方に乗りたがります。

 実際、「東北新幹線」が「八戸」まで延伸する=「はやて」が登場する前には、速達性の高い一部の「やまびこ」(「スーパーやまびこ」と呼ばれてた)が「東京」~「盛岡」間を走破していましたが、需要の大きい「東京」~「仙台」間ではその「やまびこ」(「スーパーやまびこ」)の混雑が激しくなり、長距離移動をするのに座席のとれない人が続出しました。これを少しでも阻止するために、新登場した「はやて」の大半を全車指定席にして「東京」~「仙台」間などの中、短距離を移動する乗客が「やまびこ」を利用するよう仕向けました。他にも、両列車が必ず停車する「仙台」での互いの接続もわざと悪くしました。

 こういう策を施すくらいなら各列車の運転本数を増やせばよさそうにも見えますが、そうもいかないようです。「東北新幹線」の「東京」~「大宮」間は現在も「上越・北陸新幹線」が共有して運行されています。そのためこの区間のダイヤはめちゃくちゃ密でこれ以上列車を増やすのは困難です。列車の運転本数を増やす、もしくは1編成あたりの輸送量を挙げる対策として、

①:「上越新幹線」を本来の起点である「新宿」まで延ばす(参照→上越新幹線と新宿駅
②:一部の列車を「大宮」折り返しにする
③:列車の両数を増やす
④:2階建て車両を増やす

などが考えられます。しかし、①はすぐにできるものではなく②は根本的な解決になりません。③も各駅のプラットホームの延伸がからんでやっかいであり、急曲線などの速度が極端に制限される地点での通過速度がより長くなり所要時間を食うことになります。④は「東北新幹線」の「新青森」延伸後に「東北新幹線」内を走るMAXを廃止にする方針に反します。結果、すぐにできる対策が「はやて」の全車指定席と接続の工夫なのです。

 最期に、本記事とは関係ありませんが、「東北新幹線」の「八戸」~「新青森」間開通後に「はやて」の名称が廃止になるようですね。個人的には好きな名前なので残念です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年06月18日 06:09:43

そこで(はつね)の登場を期待したい。

- 太郎 - 2010年06月20日 19:08:31

>それ採用すると面倒くさくなるぞw

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム