「上越新幹線」は今のご時世にしては速度が遅い方

 最初は最高200 km/hで運転していた新幹線車両も、今では270~300 km/hが当たり前になり320~360 km/hも将来は検討されています。各路線の最高速度は以下の感じです。

東海道新幹線:270 km/h(将来は300 km/h?)
山陽新幹線:300 km/h(将来は350 km/h?)
東北新幹線:275 km/h、実質270 km/hともいえる(将来は360 km/h、320 km/hは確定)
上越新幹線:240 km/h
北陸新幹線:260 km/h
九州新幹線:260 km/h

 なんだか「上越新幹線」での最高速度が低いのが気になります。「上越新幹線」は東京都心や「高崎」付近、「高崎」~「上毛高原」間の中山トンネルなどを除けばほとんどの区間が「東北新幹線」に匹敵する最高級の緩やかな線路で、「東海道・山陽新幹線」などよりもガンガンスピードを出す条件に恵まれています。一時期は一部の区間で下り列車が275 km/h運転をしていましたが、今では240 km/hに統一されています。

 「上越新幹線」が速度向上にあまり積極的でないのは、路線距離が短いからです。「東海道・山陽・東北新幹線」は路線距離が500 km/hを越えて「東海道・山陽新幹線」に至っては直通運転をしています。将来は「北陸新幹線」や「九州新幹線」も路線距離や直通運転による列車の走行距離が延びます。しかし、「上越新幹線」の路線距離(「大宮」~「新潟」)は269.5 kmと、他の路線より短いです。短い分速度向上による所要時間の短縮効果が小さいです(小学校の算数を思い出してください)。このため、手間のかかる大幅な速度向上に足踏みをする状態になっています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム