「東海道新幹線」では「こだま」が1時間に5~6本走っていたことがある

 現在、「東海道新幹線」には1時間当たり「こだま」は2本走っています(「ひかり」は2本、「のぞみ」は9~10本)。しかし、昭和時代には1時間あたり5~6本走っていたことがありました。

 昭和39年(1964年)に「東海道新幹線」が開業した時は1時間あたり「ひかり」と「こだま」が1本ずつの運転でしたが、順調に本数を伸ばし、昭和51~60年(1976~1985年)には「ひかり」と「こだま」がそれぞれ最大5本ずつ運転されました。さらに、「東京」~「三島」間に限定すれば、昭和44~47年(1969~1972年)には「こだま」が1時間当たり6本運転されていました(「ひかり」は3本で、唯一「こだま」の本数が「ひかり」の本数を上回っていた時期でもある)。

 昭和60年(1985年)を境に「こだま」の本数は減らされていきました。大都市間の輸送において安くなってきた飛行機に対抗するために「ひかり」や「のぞみ」などの速達列車を増発したこと、高速道路の発達と車の利用者増大により「こだま」の利用者が減ったことが主な原因です。


とばっちりを受けた地方都市の中間駅
 「こだま」削減のとばっちりを受けたのが、「ひかり」や「のぞみ」があまり(もしくは全く)停まらない「静岡駅」のような地方都市の中間駅です。「こだま」全盛期の30年前には「静岡駅」のは1時間当たり最大5本の「こだま」が停まり(朝夕ラッシュは数えない)、「ひかり」はほとんど停まりませんでした。現在では1時間当たり「ひかり」1本、「こだま」が2本停まります。要するに、「静岡駅」に速達列車が停まるようになった反面、停まる列車全体の本数は半減したのです。さらに、「静岡駅」に停まる列車の割合は、「こだま」全盛期が約50%、現在が約21~23%と、こちらも半減しました(←パターンダイヤで示されている「静岡駅」に停まる1時間あたりの列車数を「東海道新幹線」内で運転される1時間当たりの全列車数から割った)。「JR東海」がいかに、大都市輸送ばっかに情熱を注いでいるかが窺い知れます。

 ちなみに、「こだま」は「ひかり」とかに比べて速さでは劣りますが、利用すれば快適な面はあります。例えば

① みんなが「ひかり」に乗りたがる分、空いているから座りやすい、座席を後ろに倒しやすい、ひじ掛けを占有しやすい。
② 所要時間が長いから、のんびり行きたい人向け
③ 「新富士」に停まるから、じっくりと「富士山」を眺めることができる


などです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム