開業まであと17年

リニア中央新幹線 開業2年延期、27年目標 収益悪化で
4月28日20時4分配信 毎日新聞

リニア開業の延期について説明するJR東海の山田佳臣社長=名古屋市中区の名古屋証券取引所で2010年4月28日午後3時31分、鈴木泰広撮影
 JR東海は28日、リニア中央新幹線(東京-名古屋間)の開業目標時期を、当初想定していた2025年から2年延期し、27年とすると発表した。景気低迷や高速道路の料金割引制度の影響などで東海道新幹線の収入が落ち込み、資金計画を見直さざるを得なくなったことを理由に挙げている。

 また、東京-大阪間の開業目標を45年とし、名古屋-大阪間の建設費用を3兆3400億円とすることも同日の取締役会で正式に決めた。東京-名古屋間の建設費として見込む5兆1000億円と合わせ、計約8兆5000億円を自己資金と金融機関からの借り入れで調達する計画だ。同社は、5月10日に開かれる国土交通省の交通政策審議会で新たな計画について説明する。

 山田佳臣社長は28日の会見で「経営環境が悪化する中で、財務の健全性を維持しながら計画を進めたい」と開業延期の理由を述べた。

 同社が東京-名古屋間のリニア建設計画を最初に発表したのは07年12月。過去最高益を記録した07年度の鉄道収入を前提に25年の開業目標を掲げ、5兆1000億円の事業費を全額自己負担で行うと説明していた。

 しかし、08年秋のリーマン・ショック後の旅客需要の低迷や、09年3月に始まった高速道路料金の「休日上限1000円」の割引制度導入などで、09年度の運輸収入は07年度から約1割落ち込んだ。【工藤昭久】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000018-maip-bus_all
 あのJR東海でさえも、こうなるんですね。あと、インフルエンザの流行も関係しているそうです。それでも全額自己負担を貫いて国や自治体が補助を出すのを待っていた方が、色々な利権をまだ押さえられそうな気もします。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム